公詢社ブログ 葬儀屋のつぶやき

2018.11.12

数珠

 

珠には、木の実・水晶・真珠・金・銀・さんご・香木などがありますが、

特にボダイジュの種と水晶を功徳(くどく)の高いものとして重んじています。

儀式用として特色あるものには、密教で用いる装束数珠、

浄土宗の環貫数珠、修験調のものが無難とされていますが、

僧以外は無用に持つことはありません。

尚、キリスト教で用いられる数珠はロザリオと言われ、

イスラム教にも類似のものがあります。

【功徳】

①良い果報をもたらす基となる善行

②善行の結果として与えられる神仏の恵み

【ロザリオ】

カトリックの用語で、「ロザリオの祈り」の際に用いる数珠をリザリオという。

ロザリオとは、バラ園を意味するラテン語のrosariumからきた言葉です。

キリストと聖母マリアの「喜びは五玄義(奥義)」「苦しみの五玄義」

「栄えの五玄義」を黙想しながら聖母のとりなしで神に祈願するために、

天使祝詞150回を唱えることをロザリオの祈りと言います。

Back to top