公詢社ブログ 葬儀屋のつぶやき

2018.11.13

神様の性格?!

神様を性格で分類すると、和魂(にぎみたま:和御霊とも書く)と

荒魂(あらたま:荒御霊)になります

和魂は神様のおやさしい温和な霊力を指し、荒魂は勇猛さの反面、

粗野で時には人に祟りを及ぼすような霊力であり、神の「怒り」を表して 

いるとも言われています。

和魂は、さらに人に幸福をもたらす幸魂(さきみたま)と人に霊力などを与える

奇魂(くしみたま)に分類されます。

和魂と荒魂は、元来一つの神の2つの側面を表したものです。

後に荒魂の霊力をもつ神が祀られるようにもなりました。

元々神道は太陽などの自然を神と仰ぎ、自然現象などにその霊力を

感じ取ってきました。

自然は日々の恵みをもたらしてくれると共に、時に風水害、落雷、地震など

大規模な災害をもたらします。

そのような自然の姿が、古代の人々の神への信仰に大きな影響を与えたのでは

ないでしょうか?

人々に不利益を与える面も、荒魂としてお祀りしたのは、厳しい自然現象からも

神のパワーを感じたからではないでしょうか。

和魂と荒魂の祭祀は、神や自然への感謝と恐れの気持ちと共にそれらへの

深い洞察を示しています。

Back to top