公詢社ブログ 葬儀屋のつぶやき

2018.11.18

枕飾り

 

安置したご遺体に色々なものを飾る事を『枕飾り』という。

●お  鈴:これを打つ事によって人々の邪念を払う。

●位  牌:死んだ人の霊をまつる。

●香  炉:線香か抹香をたく道具。

●線  香:煙が仏を清める、死臭を消す (抹香)香りが人々の心を安らげる。

●燭  台:ローソクの灯りは煩悩の闇を消す功徳があるとされている。

●花  瓶:一本樒を立てる。樒は実に猛毒があり聖地を守る植物とされている。

●枕  飯:あの世への旅の食糧。(宗派によってしないものもあります)

●枕  水:死に水をとる。末期の水という。(仏に水をあげること)

       死に目に会えなかった遺族・親族が仏の魂を呼ぶ。

       (死ぬと喉が渇くと言われています)

●守  刀:魔除けのため。

●逆さ屏風:外から亡くなった人の姿を見えないようにしていた。

●枕だんご:地方によって使用することもある。

『枕飾り』が整ったら、仏式では僧侶に枕経(枕づとめ)をあげてもらう。

このお経は、故人を仏の御座に送る大切なものであります

※浄土真宗では『即身成仏』とされるため、仏壇にお経を唱えます※

Back to top